くらし情報『特別展「海幸山幸 -祈りと恵みの風景-」九州国立博物館で、海や山にまつわる国宝・重要文化財など96件』

2021年10月8日 12:40

特別展「海幸山幸 -祈りと恵みの風景-」九州国立博物館で、海や山にまつわる国宝・重要文化財など96件

特別展「海幸山幸 -祈りと恵みの風景-」九州国立博物館で、海や山にまつわる国宝・重要文化財など96件

特別展「海幸山幸 -祈りと恵みの風景-」が、九州国立博物館にて2021年10月9日(土)から12月5日(日)まで開催される。

“海や山がもたらす恵み”にまつわる作品96件が集結
特別展「海幸山幸 -祈りと恵みの風景-」は、古来から日本人が海や山に想いを託して育んできた文化や歴史に着目した展覧会。古代の神話に登場する神の兄弟・海幸彦と山幸彦の物語を紐解きながら、海と山がもたらす豊かな恵みを「海幸山幸」ととらえた作品を、国宝11件、重要文化財24件を含め96件展示する。

“巻貝”型土器や江戸時代の魚図鑑
「海幸」にまつわる作品として、豊かな海を思わせる巻貝を象った縄文時代の土器《巻貝形片口土器》や、弥生~古墳時代に作られたとされる貝製の出土品などが登場。また、江戸時代の魚図鑑《衆鱗図》には細部にわたって繊細に描かれた鯛や鯵などの姿をとらえることができる。

また、海上交通や大陸との交易によってもたらされた仏像や宝物なども展示。正倉院にも伝わる重要文化財《花鳥獣文杯》は、遣唐使によって海を越えて伝来した銀器。表面には細やかな装飾が施されている。

木製の仏像、多彩な山の表現
「山幸」にまつわる作品では、“木”で作られた仏像に注目だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.