くらし情報『映画『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』二宮和也主演×瀬々敬久監督、不屈の日本人捕虜を描く奇跡の実話』

2021年10月21日 11:05

映画『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』二宮和也主演×瀬々敬久監督、不屈の日本人捕虜を描く奇跡の実話

映画『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』二宮和也主演×瀬々敬久監督、不屈の日本人捕虜を描く奇跡の実話

辺見じゅんの小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』が実写映画化。二宮和也主演、瀬々敬久監督で、2022年に公開される。

不屈の日本人捕虜を描いた“実話”を映画化
小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』は、第二次世界大戦終了後、不当に抑留され捕虜となった日本人の強制収容所(ラーゲリ)において、生きることへの希望を捨てなかった男・山本幡男(やまもとはたお)を描いた作品。当時の過酷な収容所生活を鮮烈に、虐げられ続けた日本人捕虜の心情の機微を繊細かつ詳らかに表現し、読者の心を揺さぶる珠玉のノンフィクション作品となっている。

原作者は、『男たちの大和』で新田次郎文学賞を受賞した女性作家・辺見じゅん。関係者への丹念な聞き取りを元に構成されるノンフィクション作品で高い評価を受けている。

主演は二宮和也
そんな辺見の作品の中でも、発行部数20万部を超えるベストセラー『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』が実写映画化。主人公の山本幡男を演じるのは、二宮和也だ。

二宮和也は、『母と暮せば』で第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『検察側の罪人』で若き検事を演じ、第43回報知映画賞助演男優賞、第42回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.