くらし情報『東京ディズニーランドの新ポップコーンは“オレンジチョコ”、『美女と野獣』舞台のフランスに着想』

2021年10月22日 12:35

東京ディズニーランドの新ポップコーンは“オレンジチョコ”、『美女と野獣』舞台のフランスに着想

東京ディズニーランドの新ポップコーンは“オレンジチョコ”、『美女と野獣』舞台のフランスに着想

東京ディズニーランドから、新フレーバーのポップコーン「オレンジチョコレートポップコーン」が登場。2021年11月1日(月)より、発売される。

「オレンジチョコレートポップコーン」は、ディズニー映画『美女と野獣』の舞台である、フランスの伝統菓子「オランジェット」をイメージした新フレーバーのポップコーン。ほのかに香る爽やかなオレンジと、ほろ苦いビターチョコの風味が絡み合う“ちょっぴり大人の味わい”に仕上げているのが特徴だ。熱々のコーヒーや紅茶とも相性抜群なので、これからの寒い時期にもぴったり。家族や友人たちと、他フレーバーとの食べ比べを楽しむのもオススメだ。

また同日には、東京ディズニーリゾートにて、ディズニー&ピクサー映画『モンスターズ・インク』をモチーフにした新しいポップコーンバケットが仲間入り。サリ―&マイク達が顔を覗かせる“扉付き”デザインや、3Dのブーやランドールを飾ったキュートなデコレーションは、眺めているだけでもハッピーな気分に。また裏面には、“子供たちの悲鳴を貯める”エネルギータンクで、ポップコーンの残量を提示するなど、作品ならではの遊び心がたっぷりと詰め込まれている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.