くらし情報『特別展「化石ハンター展」国立科学博物館で - ゴビ砂漠など発掘の旅を辿る、恐竜&大型獣の標本など』

2022年5月22日 16:30

特別展「化石ハンター展」国立科学博物館で - ゴビ砂漠など発掘の旅を辿る、恐竜&大型獣の標本など

特別展「化石ハンター展」国立科学博物館で - ゴビ砂漠など発掘の旅を辿る、恐竜&大型獣の標本など

特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」が、東京・上野の国立科学博物館にて2022年7月16日(土)から10月10日(月・祝)まで開催される。

化石ハンターたちの探検を辿る
特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」は、化石ハンターとして世界的に有名なロイ・チャップマン・アンドリュースや、彼の偉業を追いかけた名だたる化石ハンターたちの探検を紹介する展覧会。

世界的な化石ハンター、ロイ・チャップマン・アンドリュース
ロイ・チャップマン・アンドリュースは、1922年に大規模な調査隊を編成してゴビ砂漠への探検を開始。アンドリュースが発掘した、恐竜や哺乳類の貴重な化石の数々は古生物学上の大発見とされ、その功績は後世の化石ハンターたちに多大な影響を与えてきた。

会場では、アンドリュースがゴビ砂漠で発見した恐竜や哺乳類の研究成果を、標本や映像とともに紹介。恐竜の卵化石や、史上最大の陸生哺乳類「パラケラテリウム」、史上最大の陸生肉食哺乳類「アンドリューサルクス」などの複製標本の展示を通して、アンドリュースの探検を辿っていく。

大型獣「チベットサケイ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.