くらし情報『ミューラル、繊細なレース柄を表現した花器 - 京都の陶芸スタジオ「トキノハ」とコラボ』

2022年5月29日 15:05

ミューラル、繊細なレース柄を表現した花器 - 京都の陶芸スタジオ「トキノハ」とコラボ

ミューラル、繊細なレース柄を表現した花器 -  京都の陶芸スタジオ「トキノハ」とコラボ

ミューラル(MURRAL)と京都の陶芸スタジオ「トキノハ(TOKINOHA)」のコラボレーションによる花器が、2022年6月11日(土)・12日(日)、渋谷で開催されるフィッテングサロンにて発売される。

レース柄を表現した花器
ミューラルが、デザイナーの村松と関口がものづくりの姿勢に共鳴した職人とともに新たなものづくりを展開するブロジェクト「ギフトコレクション(Gift Collection)」をスタート。その第1弾として、日常に溶けこむ温かみのある陶芸を手がける「トキノハ」とコラボレートする。

ミューラルは2022年春夏コレクションにおいて、ロバート・メイプルソープの写真『Flower’s』を着想源に、一輪差しの花がもつ優雅な佇まいを描きだしている。トキノハとのコラボレーションでは、同スタジオが展開する一輪挿しの花器「ツク(TUKU)」をベースに、ミューラルを象徴するレース柄を表現。シンプルで温かみのある花器に、ミューラルの繊細な世界観を反映させた。

「ツク」のコンセプトは、「部屋をいろどる、壁にくっツク花器」。細長い筒状のデザインであり、壁にピンをさして、簡単に花器を飾ることが可能だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.