くらし情報『メゾン ミハラヤスヒロ 2023年春夏コレクション - 表層とその幻影』

2022年7月6日 11:00

メゾン ミハラヤスヒロ 2023年春夏コレクション - 表層とその幻影

メゾン ミハラヤスヒロ 2023年春夏コレクション - 表層とその幻影

メゾン ミハラヤスヒロ(Maison MIHARA YASUHIRO)の2023年春夏コレクションが発表された。

表層、あるいは幻影の舞台としての
虚構とは通常、現実と齟齬をきたすがゆえに「虚構」である。純然たるトートロジー。だが、その虚構の精緻さを極めることで、現実の幻影へと誘う場合もありうる。トロンプ・ルイユをその例に挙げることができよう。たとえばフランドルにおける静物画は、本物と見紛うばかりに緻密な描写がなされた。あるいは17世紀イタリアの宮殿や教会の建築では、天井に突き抜けるような天空を繰り広げ、そこにキリストの姿などが描かれた。その幻影の舞台となるのが、ほかならぬ表層である。

今季のメゾン ミハラヤスヒロは、この表層を戯れる。絵画という平面が静物という立体を見せ、建築という閉じた空間が天空という開いた場へと広がるように。たとえばシンプルなプルオーバーやワンピースには、オープンカラーシャツやドレス、スカーフ、アクセサリーなどの絵柄をプリント。スカートにはプリーツを織りなすまた別のスカートを描きだすなど、衣服の内実と見かけの齟齬を表現している。

ブランドを特徴付ける解体・再構築的なデザインも、このトロンプ・ルイユに引き付けられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.