くらし情報『「あんな短冊書かなきゃよかった」と号泣する4歳児 理由に「爆笑した」「かわいすぎる」』

2021年8月27日 16:13

「あんな短冊書かなきゃよかった」と号泣する4歳児 理由に「爆笑した」「かわいすぎる」

「あんな短冊書かなきゃよかった」と号泣する4歳児 理由に「爆笑した」「かわいすぎる」

「1年に一度、彦星と織姫が会うことができる」というロマンチックな伝承がある、七夕。

日本では、笹の葉に願いごとを書いた短冊を飾り付ける風習があります。

短冊に書く願いごとは、自分の目標であったり、大切な人のことであったり、恋愛のことであったりと人それぞれです。

子供が短冊に書いた『願いごと』で号泣

2人の幼い娘さんを育てる母親は、七夕にまつわる出来事をTwitterに投稿。

2021年8月のある日、4歳になる長女が部屋の隅で泣いている姿を、母親は目にしたといいます。

我が子が泣いていたら、親は不安になるもの。母親が優しく理由を尋ねたところ、予想外の答えが返ってきたのだとか!

「短冊にあんなことを書くんじゃなかった。ブラキオサウルスになりたくない…!」

「あんな短冊書かなきゃよかった」と号泣する4歳児 理由に「爆笑した」「かわいすぎる」

どうやら、長女は今年の七夕で「ブラキオサウルスになりたい」と書いた短冊を飾り付けた模様。

短冊に「たくさん食べて大きくなりますように」と書いた次女がすくすくと成長しているのを見て、急に「あのお願いが叶ったらどうしよう」と不安になってきたのでしょう。

不安のあまり、長女は母親に「ちゃんと人間に戻れるかな?」と心配そうに聞いてきたのだとか!

「あんな短冊書かなきゃよかった」と号泣する4歳児 理由に「爆笑した」「かわいすぎる」

※画像はイメージ

純粋でかわいらしい心配ごとに、母親は大笑いしながら慰めたといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.