くらし情報『時速130kmで走る車にはねられた犬が助かった! 奇跡の瞬間がこちら』

2021年8月30日 11:31

時速130kmで走る車にはねられた犬が助かった! 奇跡の瞬間がこちら

Jimmy Dotti(AMBULANZE VETERINARIE ITALIA)

イタリアの高速道路で、1匹の犬がはねられました。

その時、車は時速約130㎞で走行。それほどの速さでぶつかったら、犬は最悪の結果になっただろうと容易に想像がつきます。

しかし、実際は驚くべきことが起きたのです。

時速130㎞で走行する車にはねられた犬が?

何かにぶつかったことに気付いた運転手はすぐに車を降りると、目の前の光景に目を疑います。

なんと、はねられた犬が車のフロントグリルの中に、すっぽりとはまっていたのです!

Posted by Jimmy Dotti on Wednesday, August 18, 2021Posted by Jimmy Dotti on Wednesday, August 18, 2021
犬は生きていました。運転手はすぐに動物病院に電話をして、犬は救急車で病院へ搬送されました。

診察の結果、犬は前脚など数か所を骨折していましたが、命にかかわるような大きなケガはしていませんでした。

Posted by Jimmy Dotti on Wednesday, August 18, 2021Posted by Jimmy Dotti on Wednesday, August 18, 2021
犬はパラフルと名付けられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.