くらし情報『いつが最後になるのか誰もわからない だからこそ、「いま、ここ」にしっかりと立ち、味わう』

2021年9月12日 11:52

いつが最後になるのか誰もわからない だからこそ、「いま、ここ」にしっかりと立ち、味わう

目次

・吉元由美の『ひと・もの・こと』
・最後に何を……
いつが最後になるのか誰もわからない だからこそ、「いま、ここ」にしっかりと立ち、味わう

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

最後に何を……

母は最後に何を食べたのだろう。お線香をあげながら、ふと思う。

5年前のクリスマスイブの朝、介護ホームの部屋で脳梗塞を起こして倒れ、病院へ。翌日に意識が戻ったとき、母は言葉と右半身の自由を失っていました。

話しかけてもきょとんとした顔をして、(この子はいったい誰だろう)と探るように私を見る。そんな母の姿を目の前にし、母の人生はまったく違う次元へ行ってしまったのだと思いました。

いつが最後になるのか誰もわからない だからこそ、「いま、ここ」にしっかりと立ち、味わう

倒れる前日、母はどんな夕食を取ったのだろう。それを妹は確認していました。ホームで出されたのは鯖の味噌煮だったそうです。母は鯖の味噌煮が好きでした。

でも、ふと何だかかわいそうな気がしました。おそらく、そんなに話し相手もいなく、ひとりで食べていたのではないか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.