くらし情報『【『最愛』感想 1話】 極限にそぎ落としたタイトルに込められた想い・ネタバレあり』

2021年10月20日 16:42

【『最愛』感想 1話】 極限にそぎ落としたタイトルに込められた想い・ネタバレあり

目次

・初回で描かれたのは『失われなかった頃の幸福』
・金曜ドラマ×塚原あゆ子監督に期待
【『最愛』感想 1話】 極限にそぎ落としたタイトルに込められた想い・ネタバレあり

Twitterを中心に注目ドラマの感想を独自の視点でつづり人気を博している、かな(@kanadorama)さん。

2021年秋スタートのテレビドラマの見どころを連載していきます。

週末、金曜日の夜22時のドラマは重い。そして緻密である。

現在、この時間帯はTBSの金曜ドラマとNHKの同時間帯のドラマ枠『ドラマ10』がしのぎを削る。どちらの局でも、この枠の作品は良作が多く、ドラマ好きはどちらを見るべきか、毎期選択に悩むことになる。(おおむね片方をリアルタイムに見て、片方は録画になる)

とりわけTBSの金曜ドラマは、文芸ドラマ枠と表現したくなるような重めの傑作を生む枠である。

野島伸司が脚本を務めた『高校教師』『人間・失格』もこの時間帯だったし、この数年でも『Nのために』『コウノドリ』『アンナチュラル』と傑作の枚挙にいとまがない。

初回で描かれたのは『失われなかった頃の幸福』

今作『最愛』(主演吉高由里子)もまた、TBS金曜22時の正統派ともいうべき重さと痛みと、物語として強烈な吸引力を持ちあわせた作品である。

まずは、物語全体の羅針盤ともいうべき冒頭の松下洸平のモノローグに引き込まれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.