くらし情報『余った生クリームを捨てるのはもったいない!長期保存する方法を紹介』

2021年12月6日 04:30

余った生クリームを捨てるのはもったいない!長期保存する方法を紹介

余った生クリームを捨てるのはもったいない!長期保存する方法を紹介

スイーツ作りでよく使われる生クリーム。未開封の生クリームであれば日持ちしますが、開封してしまうと、早めに使い切らなければなりません。

すぐには使わない…という場合、余ってしまった生クリームを捨てるのはもったいないですよね。

そこで今回は、余った生クリームのおすすめの保存方法を紹介します。

用意するものは、生クリーム、絞り袋、冷凍用の密閉容器です。

余った生クリームを捨てるのはもったいない!長期保存する方法を紹介

まず、生クリームをボウルに入れ、ツノが立つまでしっかりと泡立てます。

スイーツ用に保存したい場合は、200mlの生クリームに対して、10~15gの砂糖を加えます。

料理に使用したい場合は、砂糖を入れずに泡立てましょう。

余った生クリームを捨てるのはもったいない!長期保存する方法を紹介

次に、口金をつけた絞り袋の中に泡立てた生クリームを入れ、密閉容器へ好みの形に絞り出します。

最後に、フタをして、冷凍庫に入れたら完成です。

生クリームは、液体のまま冷凍してしまうと分離してしまいます。そのため、泡立ててから冷凍するのです。

この方法であれば、3~4週間程度保存が可能になります。

余った生クリームを捨てるのはもったいない!長期保存する方法を紹介

今回、ホットコーヒーのトッピングとして使ってみました。

ミルクとは違ったコクが感じられ、見た目も華やか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.