くらし情報『【婚姻届に判を捺印しただけですが 10話】「もう二度と」になる前に…・ネタバレあり』

2021年12月27日 16:50

【婚姻届に判を捺印しただけですが 10話】「もう二度と」になる前に…・ネタバレあり

目次

・『婚姻届に判を捺しただけですが』最終回で印象的だった2つのシーン
・最終回でも壁にぶつかる明葉と百瀬
【婚姻届に判を捺印しただけですが 10話】「もう二度と」になる前に…・ネタバレあり

Twitterやブログでドラマの感想をつづり人気を博している、あずきごはん(@komadorama)さんによる、新連載。

TBSで始まった2021年秋の新ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の見どころを、あずきごはんさん独自の視点でご紹介します。

2021年10月からスタートした『婚姻届に判を捺しただけですが』もいよいよ最終回。両想いなった明葉と百瀬は新しい壁にぶつかることとなる。

『婚姻届に判を捺しただけですが』最終回で印象的だった2つのシーン

お互いの気持ちを確かめることができた明葉(清野菜名)と百瀬(坂口健太郎)。『両想い』に慣れていない百瀬は、同僚や取引先相手に妻を自慢するなど大いに浮かれていた。

最終回の中で印象的だった展開は主に2つある。

1つ目は唯斗(高杉真宙)と百瀬がそれぞれの片想いに決着をつけるシーン。

獣医の勉強のため熊本に行くことになった唯斗。

旅立つ前、明葉に「ちゃんと幸せになってくれないと俺、今度こそ告っちゃうからね」と励ましの言葉を贈る。

【婚姻届に判を捺印しただけですが 10話】「もう二度と」になる前に…・ネタバレあり

最後まで献身的な唯斗に「もし熊本で道が定まったり幸せを見つけたりしたら、明葉のところに帰らなくてもいいんだよ…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.