くらし情報『コンビニに捨てられた5匹の子犬 写真に喜びの声が上がったワケは?』

2022年1月7日 17:41

コンビニに捨てられた5匹の子犬 写真に喜びの声が上がったワケは?

Tulsa Police Department

アメリカでは、クリスマスは祝日です。しかし、警察官やコンビニエンスストアの店員など、祝日も休みなく仕事をしている人たちもいます。

オクラホマ州のタルサ警察に勤務する4人の警察官も、2021年12月25日は市民の安全を守るために働いていました。

コンビニエンスストアに置き去りにされたのは…?

クリスマスの日、コンビニエンスストア『クイックトリップ』の店員であるケイランさんが出勤すると、店内に不審なダッフルバッグが置いてあったのだとか。

バッグはファスナーが閉まっていて、中に何が入っているのかは見えませんでした。

ケイランさんはすぐに警察に通報。まもなく、4人の警察官が店に駆け付けました。

そして警察官たちがバッグを開けると…出てきたのは5匹の子犬。

おそらく子犬たちを育てられない事情がある人が、すぐに見つけてもらえるように、店の中に置いていったのでしょう。

しかも、この日はクリスマス。アメリカに住む多くの人にとって、特別なお祝いの日です。

こんな日に捨てられた、かわいそうな子犬たち。ところが、思わぬ展開になります。

なんと4人の警察官が、子犬を1匹ずつ引き取ることにしたのです!

残った1匹は、『クイックトリップ』の店員が里親になることが決まり、あっという間に5匹全員に家族ができました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.