くらし情報『【日曜劇場『DCU』第2話感想・考察】横浜流星の繊細な演技に注目!DCUの面白さはここにある・ネタバレあり』

2022年1月29日 17:25

【日曜劇場『DCU』第2話感想・考察】横浜流星の繊細な演技に注目!DCUの面白さはここにある・ネタバレあり

目次

・瀬能の心を動かす新名の人間性
・伏線を見逃さない!サスペンスドラマの見方
【日曜劇場『DCU』第2話感想・考察】横浜流星の繊細な演技に注目!DCUの面白さはここにある・ネタバレあり

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年1月スタートのテレビドラマ『DCU』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

「この人、悪い人じゃないな」と、一緒にいてそう思わされる相手っていませんか?

言動に気遣いがある人、どことなく雰囲気が良い人、周囲からの信頼が厚い人。

無意識に入ってくる情報で人への印象が決まることがあります。

新名(阿部寛)を見ていると、そのような人に出会った時と同じような感覚に陥りました。

15年前の事故の真相を巡り、激突した前回でしたが、第2話では、新名の様々な一面を目の当たりにした瀬能陽生(横浜流星)の表情に注目します。

瀬能の心を動かす新名の人間性

瀬能は事故の記憶が蘇り、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症し、水に入ると当時の記憶がフラッシュバックし、恐怖で身動きが取れなくなります。

早くもそれに気付いた新名は、焦る瀬能に自分も同じ過去があったことを告白。瀬能のダイバー生命が絶たれることがないよう、彼を潜水業務から外します。

新名が水を恐れたのは15年前の事件の後でした。

これは彼にとってあの日が『トラウマ』であることを示しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.