くらし情報『太りすぎて飼い主に捨てられたチワワ 命がけでダイエットした結果?』

2022年2月21日 11:18

太りすぎて飼い主に捨てられたチワワ 命がけでダイエットした結果?

hsnwla

2021年6月、アメリカにある動物保護施設に、メスのチワワが連れて来られました。

ウェブメディア『The Dodo』によると、飼い主は「この犬は高齢で、健康上の問題があるので手放したい」として、安楽死の同意書に署名をしたといいます。

そのチワワは極度の肥満でしたが、飼い主の説明に疑いを持った職員は、ひとまず犬を引き取ることに。

そして、決して殺処分をしない別の保護施設『HSNWLA(ヒューメイン・ソサエティ・オブ・ノースウエストLA)』に助けを求めました。

『HSNWLA』のスタッフがチワワを初めて見た時、犬は10歩も歩いたら疲れて息を切らしてしまう状態だったのだとか。

また、高齢というのは間違いで、まだ3歳の若さだったのです。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

肥満のチワワが命がけのダイエット

チワワは、ローズマリーと名付けられます。当時の体重は約11kgで、健康なチワワの体重の2倍!

そのままでは内臓にダメージが生じる恐れがあり、痩せなければ命にかかわる状態でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.