くらし情報『花を飾る それは日常を彩り、心の世界を彩り、人生を彩る贈りもの』

2022年3月27日 10:00

花を飾る それは日常を彩り、心の世界を彩り、人生を彩る贈りもの

目次

・吉元由美の『ひと・もの・こと』
・花を飾る〜人生を彩る贈りもの
花を飾る それは日常を彩り、心の世界を彩り、人生を彩る贈りもの

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

花を飾る〜人生を彩る贈りもの

二十代の半ばにひとり暮らしを始めたとき、自分に二つの決め事をしました。できるだけ食事を作ること。ひとりだからと言って食事を疎かにしないように。

二つ目はいつも花を飾ること。生活に季節の彩りを取り入れるために。小さな1LDKのリビングの隅に黒の脚付膳を置き、花を生ける場所を作りました。

高さのある花器にカサブランカやカラーを投げ入れ、春には桜も。花を選ぶ楽しみ、生ける楽しみ、そして愛でる楽しみ。

そればかりでなく、『命あるもの』と共にいる喜びは、慈しむことを教えてくれました。

花を飾る それは日常を彩り、心の世界を彩り、人生を彩る贈りもの

真紅のバラの花びらはビロードのようで、その手触りは小さい頃のお出かけ着を思い出させました。そして、こんな真紅のビロードのドレスが似合う女性になれるか……などと、一瞬そんなことを思ったり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.