くらし情報『悲しき『社会人あるある』に「泣いた」「完全に自分」 仕事前夜、寝ようとすると?』

2022年4月7日 17:12

悲しき『社会人あるある』に「泣いた」「完全に自分」 仕事前夜、寝ようとすると?

悲しき『社会人あるある』に「泣いた」「完全に自分」 仕事前夜、寝ようとすると?

お金がないと生きていけないのが、悲しき現実。大半の人は、「生活のために仕事をしている」という意識でいるでしょう。

仕事は心身ともに疲弊するもの。ネットでは、疲れ切った人たちによる「労働は害悪」という言葉が散見されます。

そんな中、野森ノケ(@nomori_noke)さんが描いた漫画に、共感する声が続々と上がりました。

仕事前夜を描いた漫画に、涙の「あるある…」

描かれているのは、仕事の日の前夜によくあるという、野森さんの行動。

「目が覚めたら、また労働の時間がやって来る」というつらさから、野森さんはなかなか眠ることができないようで…。

悲しき『社会人あるある』に「泣いた」「完全に自分」 仕事前夜、寝ようとすると?

仕事で心身が疲れている人は、一度はこういった経験をしたことがあるのではないでしょうか。

「寝たら朝が来てしまう…また労働の時間が始まる…」と考えると、必ず朝が来ると分かっていても寝ることを拒否してしまいます。

結果、翌朝は寝不足状態になってしまい、昨晩の自分を恨む羽目に。それでも、労働が待っていると思うと同じことを繰り返してしまうのです…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.