くらし情報『「あのまま突っ込まれていたら」 命の恩人の『奇跡的な行動』』

2022年5月15日 19:01

「あのまま突っ込まれていたら」 命の恩人の『奇跡的な行動』

「あのまま突っ込まれていたら」 命の恩人の『奇跡的な行動』

嫌な予感がすることを『虫の知らせ』といいます。

大切な人に危機が迫っている気がして、行動を起こしたら助けることができた、なんて体験談は珍しくありません。

人の直感はあなどれないものです。

『命の恩人』

中原るん(nkhrrun)さんは、家族が体験したエピソードをInstagramに投稿。

中原さんの実家では青果店を営んでおり、車から荷物を降ろす作業がありました。その作業中、危機一髪な出来事があったのです。

「あのまま突っ込まれていたら」 命の恩人の『奇跡的な行動』
「あのまま突っ込まれていたら」 命の恩人の『奇跡的な行動』

家族は、仕事の最中に掛かってきた電話に出るため、車から離れました。

すると、車が追突してきて、青果店の車を30m以上も吹き飛ばしたのです!

車から離れたおかげで、かすり傷はあるものの家族は無事。奇跡的なタイミングで掛かってきた電話に、命を救われました。

不思議なことに、恩人であるMさんは、この時、自分がなんで電話を掛けたのかも分かっていなかったといいます。

もしかしたら、虫の知らせを自覚するより早く、何かに突き動かされるように電話を掛けていたのかもしれません。

運命的なものを感じずにはいられないエピソード。

大切な家族の無事は、感謝してもしきれませんね…!

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.