くらし情報『目は心の鏡 今の混沌とした世界に優しいまなざしという癒しを』

2022年5月22日 10:17

目は心の鏡 今の混沌とした世界に優しいまなざしという癒しを

目次

・吉元由美の『ひと・もの・こと』
・優しいまなざしという癒しを
目は心の鏡 今の混沌とした世界に優しいまなざしという癒しを

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

優しいまなざしという癒しを

目は心の鏡。目は心の窓。目は口ほどにものを言う。表情は、無意識のうちに心を表す言葉です。

マスクをすることが『日常』になってからというもの、街から『表情』が消えてしまったかのようです。やはり笑顔の口元や、ムッとしてへの字になった口元は、そのまま心を表す表情です。

マスクをしていても唯一見えている目。少し口角を上げると、たとえ口元は見えていなくても目元は柔らかくなります。

努めて口角を上げ目の表情が柔らかくなるように意識すると、不思議と気持ちも穏やかになります。

目は心の鏡 今の混沌とした世界に優しいまなざしという癒しを

我が家にはもうすぐ16歳になるトイプードルがいます。昨年から腎不全を患い、その数値はかなり高く、毎日の養生に気を抜けない日が続いています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.