くらし情報『【『アトムの童(こ)』第6話感想・考察】華麗なタイトル回収に!わずかな表情に宿る、松下洸平の演技の魅力』

【『アトムの童(こ)』第6話感想・考察】華麗なタイトル回収に!わずかな表情に宿る、松下洸平の演技の魅力

もともと那由他たちがいた会社名もアトム玩具だったし、まだタイトルについては触れられていなかった。

しかし第6話ラスト、那由他と隼人が新しく作ったゲームはなんと5千万円で買い取られた。彼らはそれを元手にアトム玩具の土地を購入したのである。

二人が作ったものに5千万円の価値がつくこと、自らの手でアトム玩具を取り返したこと、これだけでも胸が熱くなる展開である。

そして最後に海が名付けた新生アトムの社名。それが『アトムの童(こ)』だったのである。

『童』の左上の一部が赤く色付けてあり、『コ』と読むことができるのも粋でグッときてしまう。

ついに再スタートを切ったアトムの童。
どんな巻き返しを見せてくれるのか、後半戦も楽しみである。

『アトムの童(こ)』/TBS系で毎週日曜・夜9時~放送

ドラマコラムの一覧はこちら

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.