くらし情報『シャワーを出したら「熱っ!」 企業に聞いた原因に「そうだったのか…」』

シャワーを出したら「熱っ!」 企業に聞いた原因に「そうだったのか…」

※写真はイメージ

シャワーから出るお湯は、設定温度を変えなければ熱さは変わらないはず。

しかし、夏など気温が高い時期は、「シャワーから出るお湯が設定している温度よりも熱い…」と感じることがありますよね。

設定は変えていないのに熱くなる原因はなんなのでしょうか。

水回りに関する事業を展開する、アイエフテクノサービス株式会社(以下、アイエフテクノサービス)協力のもと紹介します。

気温が高い日はシャワーの温度に要注意!

シャワーのお湯が設定温度より熱くなる原因について、アイエフテクノサービスは「気温が高い日は水道水の温度が高くなるため」と解説しています。

実は、気温が高くなると水道水が温まり、従来より水温が高くなるとのこと。

夏に水道から温かい水が出るのはこのためです。反対に冬は冷たくなるため、水道からも冷たい水が出ます。


給湯器は器内に流れ込んだ水道水を温めてお湯を作る仕組みです。

しかし、水道水の温度を検知し、その温度に応じて火力を調整する機能はありません。

そのため、水道水の温度が高くても、いつも通りに加熱してしまい、結果的にお湯の温度が高くなってしまいます。

気温が高い日にシャワーの温度がいつもより高くなるのは、こうした理由があるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.