くらし情報『○○洗剤使ってみて! 花王おすすめ『日傘をきれいにするコツ』』

○○洗剤使ってみて! 花王おすすめ『日傘をきれいにするコツ』

目次

・日傘はしっかり汚れを落とすことが大切
・1.水洗いができるか確認する
・2.日傘を洗う
・3.日傘を干す
・4.防水スプレーで仕上げをする
※写真はイメージ

日差しが強くなる時期に手放せないのが日傘。使用頻度が高くなると、そのぶん汚れも付着しやすくなります。

汚れたまま使っていると劣化が進むため、長く大切に使うには、汚れを取り除くなどのお手入れが欠かせません。しかし、意外とやったことがない人もいるはず。

では、日傘はどのようにお手入れすればいいのでしょうか。

花王株式会社(以下、花王)協力のもと、正しい手入れの方法を紹介します。

日傘はしっかり汚れを落とすことが大切

日傘に付いた汚れは、おしゃれ着用の洗濯用洗剤などを用いて洗うと、きれいに落とすことができるのだとか。

例えば、花王では、おしゃれ着用洗剤『エマール』を使った日傘の上手なお手入れ方法を紹介しています。


それでは、手入れの手順を見てみましょう。

1.水洗いができるか確認する

傘の生地が綿やポリエステルなど、水洗いができるものなら『エマール』を使ったお手入れができます。

絹や細かいレースが付いているもの、表面に特殊な加工が施されているものには、水洗いができないものがあるので注意しましょう。


2.日傘を洗う

『エマール』を水4ℓ当たり10㎖入れて、洗濯液を作ります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.