くらし情報『生田斗真の『無痛をおねだり』にネットがざわつく 「マジで引いた」「そんなに怒る?」』

生田斗真の『無痛をおねだり』にネットがざわつく 「マジで引いた」「そんなに怒る?」

そんなに変な言葉かな。

・最初の投稿も謝罪文も、ほかに確認する人がいなかったのだろうか。

・対等な関係で『おねだり』なんていわない。

妊娠や出産、女性の身体にまつわることは、非常にセンシティブな話題です。

特に無痛分娩に関しては、日本では他国に比べて普及率が低いことが問題になっていますが、その背景に「痛みに耐えてこそ、一人前の母親」という古い精神論が残っていることも一因とされています。

本人が無痛分娩を望んでいても、周囲に反対されたり、心ない言葉を向けられたりする例もあり、こうした風潮に対し、疑問や不満の声が多くあるのです。

生田さんの発言に、人々がいら立ちを感じた根底には『女性が、妊娠や出産にまつわる選択を自由にできない』という日本社会への怒りがあるのかもしれません。

相談した女性は、ただ「励ましてほしい」という気持ちからメッセージを送ったのでしょう。
生田さんは、その想いに寄りそうだけで十分だったではないでしょうか。

言葉選びは慎重になる必要があると、一連の騒動から改めて考えさせられますね。

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.