くらし情報『「まず湯呑にお湯を注いで…」 京都の茶問屋が教える!苦くならないお茶の淹れ方』

「まず湯呑にお湯を注いで…」 京都の茶問屋が教える!苦くならないお茶の淹れ方

目次

・おいしいお茶の淹れ方
・1.急須を用意する
・2.お湯を沸かす
・3.人数ぶんの湯呑にお湯を注ぐ
・4.急須に茶葉を入れる
・5.湯呑から急須にお湯を注ぐ
・6.お茶を注ぐ
・急須を扱う時のポイント
・1.お茶を楽しんだ後は、すぐに洗う
・2.急須が育つのを楽しむ
※写真はイメージ

おいしいお茶が飲みたいのなら、急須で淹れるのがおすすめです。

では、急須でお茶を淹れるには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。そもそも急須の使い方を知らない人もいるかもしれませんね。

そこで、江戸時代から続く京都の老舗茶問屋である、株式会社宇治香園(以下、宇治香園)に、急須で淹れる時のポイントを聞きました。

おいしいお茶の淹れ方

まずは、宇治香園おすすめのお茶の淹れ方を見てみましょう。


1.急須を用意する

急須は注ぎ口の根元に網が付いているタイプが便利なのだそうです。網が付いていない場合は茶こしを使えばOK。急須以外には、湯呑、ティースプーンを用意します。

2.お湯を沸かす

お湯は大きな泡がボコボコ出るまで、しっかり沸騰させるのがポイント。お湯の量は1人ぶんが80~100㎖です。


3.人数ぶんの湯呑にお湯を注ぐ

湯呑にお湯を注ぐのは、湯呑を温めたり、お湯の量を測ったりするだけでなく、お湯の温度を適温にするという意図があります。

煎茶のうま味、渋みの成分が最適なバランスで抽出できる温度が約80℃とされており、湯呑にお湯を注ぐ過程で、ちょうどいい温度になるのだそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.