くらし情報『「どうしてこんな悲劇が起きるんだ…」 学校の集金袋、6月分を見ると?』

「どうしてこんな悲劇が起きるんだ…」 学校の集金袋、6月分を見ると?

「どうしてこんな悲劇が起きるんだ…」 学校の集金袋、6月分を見ると?

学校に通う子供が、たまに持ち帰って来る集金袋。

学校教材費や校外活動費などを、各家庭から徴収するために配られます。

キャッシュレスが進むとともに、集金の口座振り込みも広がっていますが、地域や徴収の内容によっては、まだ現金で回収しているところもあるようです。

学校の集金に対する、親の嘆きに共感の声

「あと1円寄付するから2千円で徴収してくれ、頼む…」

子育て中のカシシ(@the_m_r_p)さんは、そんなコメントとともに1枚の写真をXに投稿しました。

写っているのは、学校から各家庭へ渡されている集金袋。

4月は2500円、5月は2千円だったのですが…。


集金袋の写真

6月は1999円と、なんとも半端な金額だったのです!

カシシさんによると、子供が通う学校では、基本的に集金は引き落としとのこと。しかし、遠足代などの細かい支払いでは、学級費として徴収があるそうです。

「今までこんな半端な金額で徴収が来たことなかったから、二度見しちゃったよ〜」とのコメントに、共感の声が続出しました。

・どうしてこんな悲劇が起きるんだ…。

・うおぉ…なんて中途半端な!スーパーマーケットのお買い得商品でよく見るような金額だけど、全然嬉しくない!

・集めるほうも、本当は切りがいい数字にしたいの!でも頭数で割ると、こうなる時があるんだよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.