くらし情報『緑色に変色した『じゃがいも』は絶対食べないで! 農水省公式サイトの情報にゾクッ』

緑色に変色した『じゃがいも』は絶対食べないで! 農水省公式サイトの情報にゾクッ

目次

・緑色のじゃがいもは天然毒素が含まれている
・正しい保存と調理で対策しよう
※写真はイメージ

カレーや肉じゃが、フライドポテトなどになくてはならない『じゃがいも』は、子供も大人も大好きな食材です。

常に切らさないようにストックしている人も多いでしょうが、気付くと皮が緑に変色していることはありませんか。

緑色になったじゃがいもは、絶対に口にしてはいけません。その理由や詳しい注意点を農林水産省公式サイトより学んでいきましょう。

緑色のじゃがいもは天然毒素が含まれている

農林水産省では、緑色に変色したじゃがいもについて、以下のように説明しています。

植物の中には、他の動物や虫などに食べられないよう、自分の身を守るために、体内で、毒となる成分を作り出すことがあります。これを天然毒素と言います。

農林水産省ーより引用

じゃがいもの芽やその根元、光が当たって緑色に見える皮には天然毒素であるソラニンやチャコニンがたくさん含まれています。


万が一食べてしまった場合は吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛といった症状が出るので要注意です。あまりに体調不良がひどい場合は、早急に医療機関で診察してもらいましょう。

家庭菜園などで作られた小さくて未熟なじゃがいもにも、ソラニンやチャコニンが多く含まれているケースもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.