くらし情報『子供と手をつなぐ時はこうして! 警視庁の呼びかけに「知ってよかった」』

子供と手をつなぐ時はこうして! 警視庁の呼びかけに「知ってよかった」

※写真はイメージ

幼い子供を連れて外出する際、交通事故対策や防犯のために手をつないで歩く親は多いでしょう。

しかし、幼い子供はほかの物事に興味が湧くと、脇目もふらず走り出したくなるものです。

子供が、つないでいた手を振りほどき、急に道路や工事現場など危険な場所へ駆け出してヒヤヒヤとした経験はありませんか。

外出時や避難時に使える『振りほどかれない手のつなぎ方』

警視庁警備部災害対策課(以下、警視庁)はXにて、『振りほどかれない手のつなぎ方』を紹介しています。

方法はとても簡単なので、誰でもすぐに真似できそうですよ。

まずは、子供に親指を握らせます。

しっかり握らせたら、人差し指と中指の間に子供の手首を挟んでください。この時、薬指と小指は子供の拳を包み込むようにするとよいそうです。


これで『振りほどかれない手のつなぎ方』は完成。無理に子供の手首をつかまず、子供に親指を握ってもらうようにするのがコツだといいます。


警視庁いわく、この方法であれば子供の拳をしっかり掴むことができ、安全に外出できるとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.