くらし情報『45都道府県で確認 毒を持った『あの虫』に注意! 「確認が大切」』

45都道府県で確認 毒を持った『あの虫』に注意! 「確認が大切」

目次

・毒性を持ったクモに注意
・セアカゴケグモとハイイロゴケグモとは
・セアカゴケグモとハイイロゴケグモの予防と対策
※写真はイメージ

夏は温度や湿度が高くなり、虫が活発になる季節。家の中に虫が出てくる可能性も高くなります。

中でも、家の中にクモが出てきたことがある人は多いでしょう。

※この記事には虫の写真が含まれます。苦手な方はご注意ください。

毒性を持ったクモに注意

このような話は聞いたことがないでしょうか。

「家の中に出たクモは殺さないほうがいい」

理由としては、「縁起のいい虫だから、殺すと不吉になる」といったいい伝えがあること。

また、アシダカグモなど、種類によってはゴキブリをエサにしているため、「害虫を駆除する働きをしてくれるから」という理由もあります。


しかし、中には毒を持ったクモも存在することを知っていますか。

セアカゴケグモとハイイロゴケグモとは

東京都保健医療局は、セアカゴケグモとハイイロゴケグモへの注意喚起を行うページを公開しています。

どちらのクモも毒を持っており、日本で生息が確認されているとのこと。

セアカゴケグモとハイイロゴケグモは、ともに毒をもつクモで、ヒメグモ科に属し、日本では平成7年に初めて発見されております。

都内では、すでにハイイロゴケグモの生息が確認されておりましたが、セアカゴケグモについても、平成26年9月、東京都内の三鷹市において確認されました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.