くらし情報『「少々お待ちください」の後に流れる保留音 実はこの時…?』

「少々お待ちください」の後に流れる保留音 実はこの時…?

「少々お待ちください」の後に流れる保留音 実はこの時…?

電話を通じて、客からの問い合わせやサポートなどの対応を行う、コールセンター。

応答中のスタッフは、顧客の情報など、何かを調べる時間が必要な時は、「少々お待ちください」と保留音を流しますよね。

場合によっては長時間待つケースもあるので、メロディが鳴っている間、客側はほかの作業を行っていることもあるでしょう。

油断は禁物?コールセンターの保留中は…

かつてコールセンターのスタッフとして働いていた経験がある大島薫(@OshimaKaoru)さんは、自身の体験から、ある注意喚起をXに投稿。

もしかしたら、あなたもやらかしているかもしれませんよ…。


コールセンター

なんと保留中も客側の音声がスタッフに聞こえているとのこと…!

コールセンター側が使用している電話の機種など、環境によるようですが、保留中に発していたあんな独り言や、こんな鼻歌も筒抜けだった可能性があるのです!

衝撃的な内容に、ネット上には数々の悲鳴が上がっていました。

・やだー!知らなかったー!早くいってよー!

・やばい、保留中に「遅いな」とか文句をいっていたかも。ウソだといってよ。

・保留音に合わせて歌っていました…。

保留中に独り言をいったり、歌っていたり、トイレに行っていたり…時間を潰すために何かをしている人は多い様子。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.