くらし情報『おにぎりの具、真ん中にするには? 握り方のコツに「意外と簡単だった」』

おにぎりの具、真ん中にするには? 握り方のコツに「意外と簡単だった」

※写真はイメージ

お弁当やピクニックに欠かせないおにぎり。食べる時に中身の具が片寄っていて、「なかなか具にたどり着けない…」といったことはありませんか。

しかしおにぎりの具がきれいに真ん中に来るように握るのは難しいものです。

『クレハおにぎりプロジェクト(@krewrap_onigiri)』の公式Xで紹介している、おにぎりの具が真ん中に来るように握るテクニックを見ていきましょう。

具が真ん中に来るおにぎりの作り方

クレハおにぎりプロジェクトによると、ご飯の広げ方に気を付けるだけで具が真ん中に来るそうです。

1.広げたラップの上に、ご飯を『横長』に広げてのせる。

2.広げたご飯の左右片側どちらかに具を置く。

3.ご飯の真ん中あたりから折り返すようにラップをたたむ。


4,そのままラップを包み、三角の形に握る。


横長に広げたご飯を折りたたむ方法なので、非常に簡単。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.