くらし情報『猫はなぜ、びろ~んと伸びる? 大学教授の回答に驚きの連続!』

猫はなぜ、びろ~んと伸びる? 大学教授の回答に驚きの連続!

目次

・猫はなぜ伸びる?
・猫の体が柔軟なワケ
※写真はイメージ

猫の両脇を抱えて抱き上げると、びろーんと体が伸びますよね。なぜ猫は長く伸びるのでしょうか。

ヤマザキ動物看護大学の今村伸一郎教授に話をうかがいました。今村先生は動物機能形態学を専門としています。

猫はなぜ伸びる?

猫が長く伸びる理由を聞いたところ、このような回答がありました。

猫は獲物を捕まえて生きる動物で、それにふさわしい柔軟な体をしています。

狩りでは、できるだけ獲物のそばまで近付いて、ダッシュをかけて捕食できるような体全体の柔軟性が必要です。

例えば、背骨は椎骨(ついこつ)という骨がつながってできています。
椎骨と椎骨の間はせいぜい1~2mmほどですが、断面積が小さいのが特徴です。

断面積が小さいと、椎骨を大きく動かせるという仕組みになっています。

また、椎骨の間にある椎間板や椎骨の間をつなぐ靭帯も非常に柔軟な組織でできており、背骨全体を柔らかく、大きく動かすことができ、かつ引っ張ると伸ばすことも可能。

胸椎から腰椎にかけて椎骨の数は20本ありますが、椎骨の間を倍くらい広げると単純計算で約4~5cmも伸びます。

背骨だけではなく、猫の場合はほかの骨の関節の可動性、柔軟性も高いので、両脇を持って抱え上げると、前脚と後ろ脚も垂直方向に真っ直ぐに伸ばすことができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.