くらし情報『刻んだピーマンが? JAの回答に「知らなかった」』

刻んだピーマンが? JAの回答に「知らなかった」

※写真はイメージ

肉詰めにして焼いたりサラダにしたりと、さまざまな料理に重宝する、ピーマン。

使い勝手のよさから、購入して大量にストックしている人もいるでしょう。

余ったピーマン、どうしてる?

JAグループ(以下、JA)では、ウェブサイトを通じて、おすすめの保存方法を紹介しています。

ビニール袋に入れて野菜室で保存しましょう。水気が残っていると傷みの原因になるので、よく拭き取ってください。刻んで軽く塩茹でしておくと、冷凍保存もできます。

JAグループーより引用

水気が残ったピーマンは、傷みの原因になるのだとか!

そのため、洗った後の水は、きれいにふき取ってください。

またJAでは、保存方法として、刻んで軽く塩ゆでし、冷凍することもおすすめしています。


実際に冷凍保存を試してみると、ピーマンの色ツヤや味の新鮮さが変わらず、3週間ほど長持ちさせられることも分かりました!

ピーマンを、冷蔵庫の野菜室だけで保管していた人も多いのではないでしょうか。

JAが紹介する方法を参考に、大量買いしたピーマンを長持ちさせてみてはいかがですか!

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.