くらし情報『生麺は冷凍保存してOK? シマダヤの回答に「知らなかった」』

生麺は冷凍保存してOK? シマダヤの回答に「知らなかった」

※写真はイメージ

暑い季節を迎えると、麺類を食べたくなる人が増えるでしょう。

冷やしラーメンやそうめん、そばなど種類が豊富なため、つい買いだめしたくなりますよね。

その際に気になるのが、賞味期限。期限ギリギリになった麺類を長く楽しむために、冷凍保存をしようと思ったことはありませんか。

麺類の冷凍保存はしてもいいの?

麺類及び関連食料品の製造と販売を行う、シマダヤ株式会社(以下、シマダヤ)。
同社が運営するウェブサイトの『お客様相談窓口』には、麺類の商品に関して「冷凍保存できますか?」という質問が寄せられたといいます。

シマダヤは問いに対し、以下のように回答しています。

A:ゆでめんと蒸しめんは、冷凍保存には向きません。
どちらも水分が多く、家庭用の冷凍庫で冷凍した場合、氷の結晶がめんの組織を破壊してしまい、めん本来の食感が失われてしまいます。

一方、生中華めん類は水分が少なく、めんの組織を破壊するといった影響が少ないので冷凍保存ができます。ただし、生そば、生うどんは、冷凍しますと製品の状態によってはめんがほぐれにくくなったり、切れやすくなったりして、おいしくお召しあがりいただけない場合がありますので、おすすめはしていません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.