くらし情報『冷蔵庫のチルド室、食品にラップはかける? かけない? 日立の情報に「知らなかった」』

冷蔵庫のチルド室、食品にラップはかける? かけない? 日立の情報に「知らなかった」

目次

・チルドの保存に適した食品とは
・機種によっては『チルドはラップいらず』も
※写真はイメージ

冷蔵庫のチルドルームは『通常の冷蔵室より温度が低い』ことをご存じの人は多いでしょう。

食品の酸化を抑えて鮮度を維持してくれる便利な機能ですが、どんな食材をどう入れるのがいいのでしょうか。

チルドの正しい使い方を解説します。

チルドの保存に適した食品とは

チルドは日本工業規格によって、約0℃と定められており、食品が凍り始める寸前の状態で保存することが可能です。

凍らせたくない水分の少ない食品の保存が適しており、バターやチーズなどの乳製品、みそや納豆、漬物などの発酵食品や、ウインナーやベーコン、ちくわやはんぺんといった加工食品などが挙げられます。

また、チルドよりも温度が低い『パーシャル』が付いていない場合は、肉や魚もチルドに入れると、凍らせることなく保存できるでしょう。

一方でチルドルームの保存に適さない食品を覚えておく必要があります。

水分量が多いもの、例えば豆腐やこんにゃく、卵などは凍ってしまい、風味も落ちるのでNGです。
また、ナスやきゅうり、ピーマンといった低温保存ができない野菜は、表面のくぼみや変色を引き起こすので注意してください。

肉や魚は買ってきたパックのまま保存してOK。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.