くらし情報『エコバックで食中毒? 八尾市の注意喚起に「盲点だった」「すぐやる」』

エコバックで食中毒? 八尾市の注意喚起に「盲点だった」「すぐやる」

※写真はイメージ

レジ袋の有料化が進み、買い物をする際にエコバッグを持ち歩く人も多いでしょう。

エコバッグは、何度も使いまわせるので、非常に便利なアイテムですよね。

しかし、エコバッグに付着した汚れにより、食中毒を起こす可能性があると、大阪府八尾市(以下、八尾市)のウェブサイトが注意を呼び掛けています。

エコバッグの汚れを放置しないで!

エコバッグには、知らぬ間に肉や魚の汁、野菜の土などが付着していることがあり、汚れをそのまま放置すると、細菌が繁殖する恐れがあるといいます。

また、これらの細菌がほかの食品に付着すると、食中毒のリスクが高まるそうです。

そこで、八尾市は、エコバッグを衛生的に使うための、5つのポイントを挙げています。

1)エコバッグは定期的に洗いましょう。

2)肉、魚、野菜はポリ袋に入れましょう。


3)肉、魚、冷蔵・冷凍食品などの冷たいものは、まとめて入れて、温かいものと、密着しないように入れましょう。

4)食品と日用品を入れるエコバッグを区別しましょう。

5)食品を入れたエコバッグの持ち運びは、短時間にしましょう。

八尾市ーより引用

エコバッグには、細菌が付着している可能性があるため、定期的に洗うとよいといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.