くらし情報『飼い主が、柴犬を眺めていると… まさかの後ろ姿に「それにしか見えない」「アイコンにしたい」』

飼い主が、柴犬を眺めていると… まさかの後ろ姿に「それにしか見えない」「アイコンにしたい」

飼い主が、柴犬を眺めていると… まさかの後ろ姿に「それにしか見えない」「アイコンにしたい」

人間は自身の手や足、胴体を駆使して、文字や数字の形を作れます。

たとえば『T』であれば、胴体に対して両手を垂直に広げながら、両足をそろえて直立するだけで表現できますよね。

しかし全身を使って文字の形を作ることができるのは、人間だけではないようです。

柴犬の後ろ姿が、まるで…?

飼い主(@shiba_charmy)さんは、柴犬のチャーミーちゃんと暮らしています。

ある日、自宅にある丸型の白いクッションの上に乗っていた、チャーミーちゃん。

チャーミーちゃんの後ろ姿を見た飼い主さんは、あるロゴにそっくりだと思い、思わず写真に収めたといいます。

SNS時代を生きる誰もが「あれ、おまえどこかであったよな?」と反応するであろう、次の1枚をご覧ください。


犬の写真

おててを前に出したら、『X』のロゴになった柴犬。

つぶやき型SNSサービス『X』のロゴのよう…!

ちょうどよい角度に前脚と後ろ脚を伸ばすことで、アルファベットのXが作られていたのです!

おなじみの『X』のアイコンは、黒背景の中央部に、白色と黒色からなるXの文字が描かれているデザイン。

この写真を見ると、従来の背景と文字の色が一新されたのかと、疑ってしまいそうですね!

『X』さながらのチャーミーちゃんの後ろ姿に、さまざまな声が寄せられました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.