くらし情報『洗濯にお風呂の残り湯を使う時の注意点は? メーカー公式サイトが教えるNG行動に「やってた…」』

洗濯にお風呂の残り湯を使う時の注意点は? メーカー公式サイトが教えるNG行動に「やってた…」

目次

・残り湯活用は『すすぎ回数』と『温度』に注意
・入浴剤は成分・種類に注目を
※写真はイメージ

洗濯にかかる水道代を節約するため、「お風呂の残り湯を活用したい」と思う人も多いのではないでしょうか。

節水効果を実感しやすい方法である一方、正しい方法で実践しないと思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

家電メーカーとしても知られるアイリスオーヤマ株式会社公式サイトより、残り湯活用の注意点やNG行動を確認してましょう。

残り湯活用は『すすぎ回数』と『温度』に注意

洗濯機の中には、お風呂のお湯を取り込むための専用ポンプが付いているものも少なくありません。ポンプ内にはフィルターがセットされていて、ある程度の汚れやゴミを取り除いた状態で使用可能です。

衣類の汚れをしっかりと落とし、洗濯機を故障させないためには、『すすぎ回数』と『お湯の温度』に注意しましょう。

例えば、時短洗濯に便利な『すすぎ1回でOK』タイプの洗剤がありますが、実際に『すすぎ1回』に設定するなら、残り湯は使用しないでください。水道水による仕上げすすぎが行われないため、残り湯に含まれる汚れが衣類に付着したままになってしまいます。


またお湯の温度は、40℃より高くならないよう注意しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.