くらし情報『トイレの消臭元、どこに置くのが正解? メーカーの情報に「納得」「正しかった」』

トイレの消臭元、どこに置くのが正解? メーカーの情報に「納得」「正しかった」

目次

・悪臭対策には空間の『下』に置くのがおすすめ
・香りを広げたいなら空間の『上』に置くのがおすすめ
※写真はイメージ

トイレの嫌なニオイを消すための人気アイテムといえば、『トイレの消臭元』。ワイドタイプの消臭フィルターが、ニオイの元をしっかり吸着してくれます。

「どこに置いてもいい」と思っている人もいるかもしれませんが、置き場所によって効果の表れ方が異なるようです。

本記事では小林製薬の公式サイトに掲載されている、トイレの消臭元の置き場所について紹介します。

悪臭対策には空間の『下』に置くのがおすすめ

トイレの消臭元の置き場所について、小林製薬の公式サイトでは、以下のように解説しています。

悪臭の発生源となる物の近くや、空気の流れが悪く、悪臭がたまりやすい場所においてください。

基本的に悪臭は空気より重いため、下の方に置いていただくと効果的です。

小林製薬公式ーより引用

トイレの嫌なニオイの原因ほとんどは『汚れ』。
尿の飛び散りや尿石などの汚れがアンモニア臭を発生させ、掃除をしてもニオイが消えない場合があります。

悪臭がたまりやすい空間の下部分にトイレの消臭元を置けば、嫌なニオイが空間に広がるのを防げるでしょう。

トイレの消臭元の特徴である『ワイド消臭フィルター』によって、悪臭成分を化学的に分解し消臭するため、気になるニオイを元からリセットできます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.