くらし情報『頑固なワイシャツの襟汚れを落とす方法 メーカーの助言に「もう悩まない」「参考になる」』

頑固なワイシャツの襟汚れを落とす方法 メーカーの助言に「もう悩まない」「参考になる」

目次

・ワイシャツの襟に付くシミの原因
・ワイシャツの襟のシミを取る方法
・ワイシャツの襟のシミを防ぐポイント
・1.着用後はすぐに洗濯する
・2.部分洗い洗剤や液体の酸素系漂白剤で下処理する
・3.酵素を配合した洗剤を使用する
※写真はイメージ

ワイシャツを着ようとした時、「襟の部分が黄ばんでいた」という経験はありませんか。毎日きちんと洗濯していても、一度付いてしまったシミはなかなか落ちません。

洗剤メーカーとして知られるLION(ライオン)の公式サイトでは、ワイシャツの襟に付いたシミを取る方法と予防策を紹介しています。

ワイシャツの襟に付くシミの原因

ライオンの公式サイトによると、ワイシャツの襟に付くシミは、汗や皮脂の蓄積が主な原因だそうです。

衿部分に使われている接着芯地の樹脂が、汗や皮脂などの汚れを吸着し、その汚れが洗濯で除去されず蓄積してシミになったもの。

ライオンーより引用

皮脂やタンパク質の汚れが多い人が、たくさん汗をかいたワイシャツを繰り返し着用していると、シミが発生しやすくなります。


ワイシャツの襟のシミを取る方法

シミの付いた襟部分に、襟・袖用の部分洗い洗剤や液体の酸素系漂白剤を塗って洗濯しましょう。液体の酸素系漂白剤は、酸素の力で汚れを分解してシミを落とす効果があります。

それらを使っても襟のシミが落ちない場合は、つけ置き洗いを試してみましょう。酸素系漂白剤を襟に塗り、40℃くらいのお湯に20分程度つけ置きしてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.