くらし情報『「心に響く」「泣いた」 誹謗中傷問題に対する近藤春菜の発言に、共感の声』

2020年5月26日 11:56

「心に響く」「泣いた」 誹謗中傷問題に対する近藤春菜の発言に、共感の声

「心に響く」「泣いた」 誹謗中傷問題に対する近藤春菜の発言に、共感の声

2020年5月23日、バラエティ番組『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演していた、プロレスラーの木村花さんが亡くなりました。

死因は調査中とのことですが、木村さんはSNS上で番組の視聴者などから誹謗中傷を受けており、また亡くなる前にはInstagramのストーリーズ機能で「さようなら」というメッセージを投稿しています。

【訃報】女子プロレスの木村花さん22歳が逝去インスタで「さようなら」と投稿

近藤春菜が誹謗中傷に涙の訴え

同月25日、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、木村さんの逝去について報道。

ネット上で行われる誹謗中傷について、コメンテーターの近藤春菜さんは次のように発言しました。

顔が見えない、名前も出ないという状況の中で、自分の都合だけで、人に対して想像力もなく傷付くんじゃないかとか、追い込むんじゃないかとか、そういう想像力がまったくなく、自分の都合だけで発してしまうっていうことが本当に怖くて。

例えばスタジオに出てらっしゃるみなさんとかって、顔も名前も出ていて、自分の言葉の責任のもと(コメントを)放って、ちゃんと対面して放ってるわけですよね。

でもそれを見ている方の人で勘違いしてらっしゃる方が本当にいると思って、『いじり』と『いじめ』が違うっていうのと同じように、番組を盛り上げてとか愛情を持ってとかそういうことじゃなく、ただただ「ムカつく」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.