くらし情報『匿名男性が3千万円入ったポリ袋を寄付 去り際の『ひと言』が、イケメンすぎた』

2020年6月5日 12:12

匿名男性が3千万円入ったポリ袋を寄付 去り際の『ひと言』が、イケメンすぎた

※ 写真はイメージ

2020年6月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)のまん延により、多くの人々が先の見えない未来に不安を覚えています。

ウイルス感染の恐れはもちろん、さまざまな分野における経済の低迷など、日本が受けた打撃は計り知れません。

そんな中、奈良県で起きた驚きのエピソードが反響を呼んでいます。

「渡しましたよ」匿名男性が3千万円を寄付

産経ニュースによると、同月4日、奈良市の市役所に70歳くらいの男性が訪問。

現金3千万円の入ったポリ袋を女性職員に差し出し、たったひと言、こう告げたといいます。

「渡しましたよ」

名乗らずに立ち去った男性の後を職員は追いかけましたが、見失ってしまったとのこと。

その後、職員が何重ものポリ袋で包まれている現金を確認。1千万円ずつ帯でとめられており、それぞれ同市が配布するコロナウイルス対策支援寄付金の申込書の切り抜きが貼り付けられていました。

切り抜きには、寄付金の使途として『貧困家庭の支援』『教育環境の改善』『医療体制の充実』が記載されていたそうです。

同市の仲川げん市長は、男性の行為に対し、次のように語っています。

現金には同市の新型コロナウイルス対策支援寄付金の申込書の切り抜きが添えられており、仲川げん市長は「寄付いただいた厚意を大切にし、活用させていただく」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.