くらし情報『カツオノエボシとはどんな生き物? 浜辺の青いビニール・ペットボトルは危険生物かも』

2020年6月11日 15:55

カツオノエボシとはどんな生き物? 浜辺の青いビニール・ペットボトルは危険生物かも

目次

・カツオノエボシとはどんな生物?名前の由来は?
・カツオノエボシに刺された時の症状は?応急処置はどうやるの?
・カツオノエボシを捕食する天敵とは?
・ギンカクラゲを食べるアオミノウミウシ
・カツオノエボシは水族館でも見られる?飼育をしているところも
カツオノエボシとはどんな生き物? 浜辺の青いビニール・ペットボトルは危険生物かも

浜辺を歩いていて、青いビニール袋やペットボトルが捨てられていると思ったら要注意!

それは『カツオノエボシ』という、強烈な毒を持つ危険生物かもしれません。

カツオノエボシとはどういった生物なのかや、名前の由来、天敵、見られる水族館についてなどさまざまな情報を紹介します。

カツオノエボシとはどんな生物?名前の由来は?

カツオノエボシはヒドロ虫という生物が集まっている群体で、クラゲと似ていますが別の生き物です。

カツオノエボシとはどんな生き物?浜辺の青いビニール・ペットボトルは危険生物かも

カツオノエボシ

独特な名前の由来は、カツオが到来する時期にやってきて、日本の伝統的な被り物である烏帽子(えぼし)に似ていることから付けられたというのが有力な説。

伸ばすと50mになることもあるという触手には強力な毒があり、刺された時には電気ショックのような痛みがあるため、『電気クラゲ』の異名を持っています。

ビニールのような浮き袋を膨らませて海面に浮かぶことはできますが、カツオノエボシ自体にほとんど泳ぐ力はないそうです。

海水浴の時期には、風に流されたカツオノエボシが浜辺に打ち上げられていることも多いので、注意してください。

カツオノエボシに刺された時の症状は?応急処置はどうやるの?

前述の通り、カツオノエボシに刺されると電気ショックのような強烈な痛みが走ります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.