くらし情報『分離不安症を抱える犬 飼い主が家にいない時にしていたことがいじらしい』

2020年6月15日 18:00

分離不安症を抱える犬 飼い主が家にいない時にしていたことがいじらしい

※写真はイメージ

3歳のジャーマンシェパード『カリーナ』はひとりの時に極度のストレスを感じてしまう『分離不安症』を抱えています。

そんな愛犬を心配する飼い主さんは、家に誰もいない時のカリーナの様子を確認するため、監視カメラを付けることにしました。

カリーナはひとりの時にはいつも、飼い主さんのベッドの上で過ごしているのだそう。

そこでベッドが見える位置にカメラを付けてみると、『ある行動』をするカリーナの姿が映っていたのです。


カリーナがベッドの脇にあるテーブルから持ってきたのは、飼い主さんの服。

彼女は飼い主さんの匂いの付いた服の上に乗ると、やっと落ち着いたように見えます。

分離不安症の犬は「飼い主が出かけてしまったら、もう帰って来ないのではないか」という不安に襲われるといいます。

カリーナは飼い主さんが家にいない時、こうして自分自身を安心させているのでしょう。

そんなカリーナの分離不安症は以前に比べてかなりよくなってきたのだとか。

分離不安症でなくても、多くのペットは飼い主が家にいない時、さびしさを感じているはずです。

こんな動画を見たら、さびしさを我慢して留守番をしているペットのために、1秒でも早く家に帰りたくなりますね。

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.