くらし情報『ハブクラゲってどんな生き物? 刺されたら『酢』を使うって本当?』

2020年6月23日 17:53

ハブクラゲってどんな生き物? 刺されたら『酢』を使うって本当?

目次

・ハブクラゲってどんな生き物?生息地や発生する時期は?
・ハブクラゲに刺されたら、酢を使う?対策は
・海水浴ではハブクラゲに注意!
ハブクラゲってどんな生き物? 刺されたら『酢』を使うって本当?

みなさんは、ハブクラゲという生き物をご存知でしょうか。

海の危険生物として知られており、刺されると最悪の場合、死に至ることも…。

この記事では、ハブクラゲとはどんな生き物なのか、また、刺された時の対処の仕方についてなど、さまざまな情報をご紹介します。

ハブクラゲってどんな生き物?生息地や発生する時期は?

ハブクラゲは、傘の四隅から7~8本ずつ伸びている触手が特徴的なクラゲです。

傘の高さは10cm以上、触手は150cm以上に伸びることもあるといいます。


触手に強い毒があり、毒ヘビの『ハブ』がその名前の由来なのだとか。

ハブクラゲは、沖縄県や奄美地方の海に生息。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.