くらし情報『記念撮影のために脚を折られたライオンの子供 奇跡的な回復を遂げた姿に涙』

2020年6月24日 10:58

記念撮影のために脚を折られたライオンの子供 奇跡的な回復を遂げた姿に涙

karendallakyan

2020年3月、ロシアで1頭のライオンの子供が保護されました。

このオスのライオンは観光客と記念撮影をするために、まだ生後数週間の時に母親から引き離されました。

さらに逃げられないように、後ろ脚を骨折させられていたのです。


海外メディア『Daily Star』によると、保護された時のライオンは汚れた寒い納屋につながれた状態で、糞尿にまみれ、ほとんど動けないほど弱っていたといいます。

食事を与えられていた様子もなく、腸閉塞を起こしていて、さらに骨折のせいで筋肉が萎縮し、まったく歩けない状態でした。

Posted by Kristina Vysotskaya on Monday, March 30, 2020
変形してしまったシンバの後ろ脚は、元には戻らないのだそう。

しかしシンバは決して再び歩くことをあきらめませんでした。

保護されてから約1か月後、シンバはカレンさんとともに懸命なリハビリに励んでいたのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.