くらし情報『聴覚障がいのあるスタッフ、夢が叶う! スタバ、国内初の取り組みに感動』

2020年6月25日 13:14

聴覚障がいのあるスタッフ、夢が叶う! スタバ、国内初の取り組みに感動

目次

・国内初の『サイニングストア』とは…?
・聴覚に障がいのあるスタッフの夢が叶った!
※写真はイメージ

2020年6月27日、東京都国立市のJR国立駅にある商業施設『nonowa国立』に、国内初の『サイニングストア』である『スターバックス コーヒー nonowa国立店』がオープンします。

国内初の『サイニングストア』とは…?

『サイニングストア』とは、主なコミュニケーションの手段として手話を使用する店舗なのです!


この店舗では、聴者と聴覚に障がいのあるパートナー(従業員)が働いています。

そのため手話での注文はもちろん、音声や指差し、筆談でも注文が可能です。

聴覚に障がいのあるスタッフの夢が叶った!

これまでスターバックスでは聴覚に障害のあるパートナーが『手話カフェ』や『手話によるコーヒーセミナー』などを自主的に企画、運営していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.