くらし情報『娘の短冊を見て、母が思わず涙 そこに書かれた『切ない願い』とは』

2020年7月2日 13:03

娘の短冊を見て、母が思わず涙 そこに書かれた『切ない願い』とは

娘の短冊を見て、母が思わず涙 そこに書かれた『切ない願い』とは

2020年6月29日、きよきよ(@kiyokiyokingdom)さんは小学2年生の娘さんが書いた七夕の短冊の写真を投稿。

きよきよさんが「思わず泣きそうになった」という、娘さんの『願い』とは…。

娘の短冊を見て、母が思わず涙 そこに書かれた『切ない願い』とは

「まいにちふつうなせいかつができますように」

将来の夢や欲しい物を書くのではなく、ただ「普通の生活がしたい」と願った娘さん。

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)によって、私たちの日常は大きく変化しました。

特に子供たちにおいては学校が長期間休校になり、再開後も『給食中の会話禁止』や『図書室の本の貸し出し中止』など、これまで当たり前にしていたことができなくなっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.