くらし情報『2年前、浸水被害にあった女性が語る『対処法』に、反響 「説得力ある言葉」「参考になった」』

2020年7月6日 18:23

2年前、浸水被害にあった女性が語る『対処法』に、反響 「説得力ある言葉」「参考になった」

2年前、浸水被害にあった女性が語る『対処法』に、反響 「説得力ある言葉」「参考になった」

2020年7月5日、熊本県が記録的な大雨により、球磨川の氾濫や土砂崩れなどで、甚大な被害に見舞われました。

ふりかけchannel(@hurikakechannel)さんは、2年前に大雨によって住んでいた家が浸水した経験を踏まえて、浸水時の対処法をTwitterに投稿。「困っている人がいたら役立ててほしい」と話します。

浸水の対処法

当時、投稿者さんは賃貸マンションの1階で一人暮らしをしていました。

浸水した時は雨が止んだ後も、窓から見える外の水の量が増しており、気付くと水圧で玄関のドアが開かない状態だったそうです。

大雨が降ると、外から水が入ってくるだけでなく、トイレやお風呂の排水口から下水が逆流することもあります。

避難ができない状況の中、投稿者さんは45ℓのゴミ袋を2重にして水道水を入れた『水のう』を作り、玄関、トイレ、風呂やキッチンの排水口、洗濯機の排水ホースの排水口などをふさぎました。

当時撮影された写真が、こちらです。

2年前、浸水被害にあった女性が語る『対処法』に、反響 「説得力ある言葉」「参考になった」

また、水のうの作り方と効果について、動画でも詳しく説明しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.