くらし情報『7月6日はサラダ記念日 俵万智が歌に込めた意味を説明 内容にハッとする』

2020年7月6日 18:01

7月6日はサラダ記念日 俵万智が歌に込めた意味を説明 内容にハッとする

7月6日はサラダ記念日 俵万智が歌に込めた意味を説明 内容にハッとする

1987年に初版が発行され、280万部を超える大ベストセラーとなった俵万智さんの第1歌集『サラダ記念日』。

「『この味がいいね』と君が言ったから」で始まる、表題にもなっている歌『サラダ記念日』は、きっと多くの人が耳にしたことがあることでしょう。

あれから33年…まさにサラダ記念日の7月6日に作者の俵さんが自身のTwitterを更新し、歌に込めた思いを説明。

SNS全盛期の今だからこそ、俵さんの説明を聞くと、より一層歌に共感してしまうはずです。


SNSが普及した現代では、顔も知らない相手ともネット上でつながることができ、気軽に『いいね』がもらえます。

便利な反面、その3文字が持つ意味よりも、どれだけの『いいね』が得られたかという数を気にする人が増えたのも事実。

「これはたった1つの『いいね』で幸せになれるという歌です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.