くらし情報『「感謝しかない」「そういう使い方があったとは」 急流下りに使うボートで被災者救出』

2020年7月7日 17:33

「感謝しかない」「そういう使い方があったとは」 急流下りに使うボートで被災者救出

※写真はイメージ

2020年7月3日頃から、九州では豪雨による被害が相次いでいます。

熊本県の球磨川は豪雨によって氾濫。球磨村の集落が濁流にのみこまれました。

救助を求める声に、自衛隊が救出作業を行っています。

SNS上に続々と助けを呼ぶ声が…自衛隊員が孤立した人々を救助

「危険を承知で…」球磨川氾濫に派遣された自衛隊、迅速な出動に反響

球磨川は熊本県最大の川で、川下りの『ラフティング』を運営している施設も多くあります。急流をボートで下るスリル満点なアクティビティが人気です。

今回の救助には、このラフティングに使うボートも活躍しているといいます。

産経新聞は、アウトドアツアーを提供する『ラフティングストーンズ』の代表が市の要請によって市街地にボートを出したことを報じました。

球磨川でのラフティングツアーを開催するラフティングストーンズ(人吉市)の大石権太郎代表(50)は市の要請で、浸水した市街地にボートを出した。屋根に取り残された被災者らを救出。「こんな時だからこそ協力しようと思った。ほかのラフティング会社の多くはボートが流されたようだ」と話した。

産経新聞ーより引用

いつもは楽しむことに使うボートも、この豪雨では救出用として人の命を助けるボートとして活躍。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.